大手業者から提示された車の査定額がかなり低かった事例

大手業者から提示された車の査定額がかなり低かった事例

車の買取業者に査定を行ってもらう時は、やはり複数の所を利用するのが良いと思います。それを行っておかないと、かなり安い金額を提示される可能性があるからです。

 

というのも、次のような事例があったそうです。Aさんという方は、自分が持っている自動車をある業者で査定してもらったようです。ところがその方は、余りにも査定金額が低いのでちょっと驚いてしまったそうです。ある大手の業者で査定を行ってもらったそうなのですが、想定外の低さで驚いたという訳ですね。
そこでAさんは、車の買取店に売却するのは断念したのだそうです。買取店ではなく、オークションを利用するのが良いと思ったそうですね。

 

ただ上記の方は、どうも1社のみで車を査定してもらっているようです。複数の業者で見てもらった訳ではなく、1社のみなのですね。
提示された金額が低かったのは、恐らくそれが原因だと思います。というのも大手の会社は、上記のような事をよく行うそうなのです。最初の内は、あえて査定金額を低く提示しておく訳です。

 

例えば大手業者から、査定金額が20万円と提示されたとします。その後で地域密着型の別の業者に車を見てもらったところ、30万円ですと伝えられたとします。そして後日大手業者から電話がかかってきたので「別の業者に売ります」と伝えたところ、「では弊社では35万円で買い取ります」などと伝えられるケースは多いそうです。

 

つまり他の会社からの金額を提示されると、それよりも高い金額を大手業者は提示する訳ですね。トラブル防止の為に、敢えてそのようなやり方を行っているそうです。
スイフト 買取

 

ですので上記のAさんがもしも別の業者でも査定を受けていれば、オークションを利用していなかったかもしれませんね。複数の業者の金額を見てみるのは、やはり大事だと思います。