売却後の名義変更のトラブル防止の為に車検証を郵送

売却後の名義変更のトラブル防止の為に車検証を郵送

車を売る時には、名義変更の手続きはとても大事だと思います。その手続きは、決して中途半端にするべきではありません。中途半端にしてしまいますと、色々トラブルが発生してしまう可能性があるからです。

 

税金に関するトラブルは、代表的なものですね。例えばAさんが業者Bに売却して、Cさんに車が渡ったとします。本来であれば、Cさんが自動車税を払う事になりますね。ところが名義変更の手続きが中途半端になっていますと、Aさんが払ってしまう事になるのです。ですので変更手続きは、完全に完了させる必要があります。

 

また税金だけでなく、交通事故に関する責任問題のトラブルもしばしば発生しているようです。

 

上記のような事例を防止する為には、B社から書面を発行してもらうのも1つの方法です。名義変更が完了すれば、車検証にその旨が反映されるはずです。ですので反映後の車検証のコピーを、B社から郵送してもらうのも1つの方法です。つまりB社がAさんに対してコピーを送り、「名義変更が完了しましたので、この反映済みの書類で確認して下さい」という手続きを取る訳ですね。

 

Aさんとしてはそのコピーで「納税に関するトラブルが発生しない」と分かる訳ですから、安心できるでしょう。

 

そして上記のトラブルを防止する為には、そもそも業者を選ぶのも大事です。上記のようにコピーを郵送してくれるような業者を選ぶのは、やはり車を売る時には大事だと思いますね。ですので業者の選別をする時に電話で問い合わせをしたり、査定時に名義変更の事をきちんと確認しておいた方が良いでしょう。

 

それと業者によっては、上記のようなコピーの郵送に関する点を公式サイトにて明示してくれている事があります。ですので業者を選ぶ段階で、必ず公式サイトは確認しておいた方が良いでしょう。